【入居者紹介】フルオブライフ 吉田 裕美さん~Gorai’インタビュー~

入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.62

フルオブライフ

吉田 裕美さん

【家庭教師・家庭教師派遣、オンラインでのカウンセリング、受験や学習についての講演・セミナー】




合格につなぐ家庭教師「TSUNAGU(ツナグ)」。

両親は商売人で、小学生から通った塾は、子守のような存在だったという吉田さん。

愛媛で生まれ、移住して3歳まで兵庫。その後はずっと広島在住。

大学時代に、家庭教師派遣の大手でアルバイトし、楽しくて、そのまま家庭教師として働いて5年。転職し、塾講師としての9年間は、いわゆる”ザ・受験”の指導をした。

実は、自身が行きたい大学へ入れなかった経験から、

「行きたい大学へどうすれば入れるのかを、教えたかった」

という。

塾という組織の中でその手法を学び、中学・高校・大学受験の過去問を研究したり、教え方のスキルアップなどし、実績を積んだ。

2017年に独立し、「フルオブライフ」を設立。

合格につなぐ家庭教師「TSUNAGU(ツナグ)」をスタートした。




中学・高校・大学受験対策のほか、発達・不登校対策も。

屋号である「フルオブライフ」は、”充実した人生・生活”の意。

「TSUNAGU(ツナグ)」では、中学・高校・大学受験対策はもちろん、発達・不登校対策にも重きを置いているのが特徴だ。

「その子その子に違いがあってあたりまえ。本人が満足できればそれでよい」

と、吉田さん。

実は「TSUNAGU(ツナグ)」に所属する家庭教師は全員、カウンセラーの資格を持っている。基本的に”叱る指導”はしない。

例えば、宿題をやって来ない子がいたら、叱るのではなく、

「できる方法は何だと思う?」

と問い、本人に考えさせる。モヤモヤしているような時は、

「どうしてか、自分の気持ちを考えてごらん」

と、相手の気持ちを考えるように”自分の気持ちを考える”よう促して、解決に導くという。




独立のきっかけは、教え子がDVを受けていたこと。

派遣で家庭教師をしていた頃、多様な生徒を担当した。

海外の高校へ進学する子もいれば、(高卒認定を取って)中学から大学へ行く子もいた。不登校で学校の先生にも会えない子が、なぜか吉田さんとはうまくいったという。

いつか高校へ行きたいという思いはあるが諦めている子も、吉田さんが関わることでモチベーションが上がったりして、やりがいを感じた。

塾に勤務してからも、過去に家庭教師をした教え子が訪ねて来て、合格の報告などしてくれることは少なくなかった。

その一人から、

「実は、当時、父親からDVを受けていたのだけど、先生が家庭教師に来てくれていたから、乗り越えられた」

と打ち明けられたという。

彼女のその言葉が、独立のきっかけになった。

「悩んだ時に、心の支えになれれば・・・」

と、吉田さん。




多様な子どもたちの”目標”を支援したい。

独立以来、口コミでジワジワと広がり、事業は軌道に乗った。

2121年夏には、コロナ禍で訪問できないのを機に、オンラインによる家庭教師サービス「TSUNAGU Air」もスタートした。

メールによる、保護者へのカウンセリングも行っている。

信頼できる家庭教師たちも所属。今月新たに迎えるのは、塾の教え子だった男性で、「フルオブライフ」の理念に共感し、大手の塾から転職してきたのだという。

アルバイト、フルタイム、隔週でのパートタイム、リモートなど、

「先生の働き方は、柔軟であっていい」

また、

「芸術分野など、バラエティに富んだ先生に集まって欲しい」

と、吉田さん。

「将来は、中学や高校に行けない子たちが、高卒認定を受けて、

大学へ行くクラスを作りたい」

そして、

「経済的など何らかの事情で施設にいる子たちを、招待したい」

過去には、統合失調症で小学5年生から学校に行けなかった子がプロアスリートを目指したケースがあった。障害のある子が作業所で働くという目標を持って、高卒認定に向け頑張ったケースもある。

個性を大切に、一人ひとりに寄り添った「フルオブライフ」の事業活動は、今後、益々社会に必要とされるものと思われる。


インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来 千鶴


#Interview

#News