【入居者紹介】障害年金窓口「つむぐ」 代表 政岡 講太さん ~Gorai’インタビュー~

入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.57

障害年金窓口「つむぐ」

代表 政岡 講太さん

社会保険労務士、社会福祉士




福祉の仕事が好きだから。

生まれは広島。大阪の大学に進み、経営学部で学んだ。

大分で金融業界に就職したが、貸付~回収の業務は、泣き付かれたり罵倒されたりと、あまりにリアル。リーマンショックのあった年で、務めていた金融機関はリーマンブラザーズの資金借入先であったため、入社してすぐに右も左も分からぬまま資金回収業務を任せられた。激務に耐えかね、広島に戻ってきたのは、25歳の時だった。

「自分は何がしたいのか」

そう考えた時、人と人との架け橋になれるような仕事がしたいと思った。専門学校に一年間通って社会福祉士の資格を取得し、成年の知的障がい者を対象とする福祉施設に就職した。

食事の世話やトイレの補助、トランプやボードゲームなどで一緒に遊ぶのも仕事。感謝されることも多い。

福祉の仕事は自分に向いていた。

しかし前向きに関わりながら、一方で将来像を考えた時、独立の道が見えた。

「福祉の仕事が好き」

そこから離れる気はない。自分らしいコアコンピタンスは何かと考え抜いて、

「これだ!」

と行きついたのが、障害年金の請求代理業務だった。

“社会福祉士の経験を持つ 社会保険労務士”は希少。障害手帳や年金ほか、様々な支援サービスの申請を、障がい者のかたに寄り添って出来るのは、

「自分らしい」

そう思ったという。



「年金証書が届きました!」という声が、やりがい。

四肢の障がいと違って、精神系の障がい者認定は難しい。

しかし近年は、統合失調症やうつ症、発達障害の相談などの事例も多く、

年金の窓口サービスの必要性は高まるばかり。

「書類審査のポイントを知っていると知らないでは、大きな差が出る」

と、政岡さん。

たとえば、障害年金の認定は、全て書類審査で行われる。また、病院にかかった”初診日”から1年半を経て初めて認定日が決まり申請できるため、”初診日”がいつかということは重要だ。医療機関のカルテの保存期間は5年と定められており、カルテが無いためなどで諦める場合も多いが、当時のレシートやメモ等が証拠となって認められるケースだってある。


こんな事例もあった。

会社員のAさんはストレスで、暴飲暴食や買い物依存のような行動をとるようになり、部署も替えらるほど仕事のミスも多くなった。とはいえ仕事は続けており、自身では、障害年金の等級に認定されるのは難しいと思っていたが、政岡さんに申請書類の作成を依頼したところ、2級(生活に支障がある)と認定され、障害年金の受給が決まった。


クライアントの身になって、わずかな可能性でも、繋げる努力を惜しまない。

だからこそ、それが叶って、

「年金証書が届きました!と連絡があった時が、何より嬉しい」

と、政岡さん。




利益だけではない、真摯な姿勢。

「利益を取るか、困っている人を助けるか、悩むことがある」

と真摯な表情で語る、政岡さん。

限られた時間の中で、もし目の前に利益の上がる仕事の依頼人と、利益にはならないが困っている人がいた時に、前者を選ぶのは心が痛むというのだ。

また、政岡さんは、

「受給権が発生しなれば、料金はもらわない」

いわゆる、成果報酬のシステムをとっている。

昨年12月1日に開業して4か月。

今は当面、依頼を増やすのが先決だが、営利を追求しすぎず、将来的にはスタッフと2~3名で、出来る範囲の仕事をしていきたいと思っている。

対象疾病は、うつ病、躁うつ病、双極性障害、統合失調症、ADHD、自閉スペクトラム症、知的障害、発達障害、肢体障害、眼の障害、循環器疾患、呼吸器疾患、代謝疾患(糖尿病)、腎疾患、肝疾患、聴覚障害。

障害年金に関わり、様々なケースを見てきた政岡さんが今、伝えたいのは、

「年金を、放置していてはいけない!」

ということ。払わないならちゃんと免除の手続きをしておくこと。放置していたら、もしもの時に、受給できる権利もないのだ。




高校時代はボクシングジムに通っていた。社会人になってからも週5でジムに通い、ここ5年はキックボクシングをやっているという政岡さん。

SO@Rビジネスポートへは独立と同時に入居した。

入居メンバーの一人と偶然、通いのジムが一緒だったり、同業の同期と情報交換したり、人との出逢いが生まれるオフィス環境は、気に入っている。

障害年金の無料相談も、随時開催。

受給できるかわからないというかたや、一度請求して不支給になったかたなど、まずは一度相談してほしい。


インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来 千鶴



~ 政岡さんへの取材後インタビュー ~



#Interview #News