【入居者紹介】法律事務所MaMoLaw 森 亮介さん~Gorai’インタビュー~

入居者紹介「Gorai’インタビュー」vol.63

法律事務所MaMoLaw

森 亮介さん

【弁護士業 (交通事故、自己破産、相続、離婚など)】



裁判に立つ祖母の姿に、幼いながらも弁護士を志す。

小学3年生の時だった。

町工場を営んでいた祖父母が騙され、工場を取られて裁判沙汰になり、争った経験も無い祖母が裁判に立ったりする姿を見て、

「弁護士になって、人の役に立ちたい」

と心に決めたという。

生まれは東京。父親の転勤で、小3~北海道(苫小牧)、中2~大阪。大学は迷わず法学部を選考し、大学院に進み、弁護士資格を取って弁護士事務所に就職。28歳の時、就職を機に広島へ。弁護士事務所で、交通事故、自己破産、相続、離婚など、弁護士として8年の経験を積んだ。

現在37歳。妻、子の3人家族。

40歳を過ぎたら自由には出来ないと考え、2022年5月、独立した。

一人で始めて改めて、初心に返った。

「あそこに行けば、なんとかなる」

と、いろいろな人から頼られる存在になりたい。



一緒にあなたの権利を守っていく「MaMoLaw(マモロウ)」。

MaMoLaw(マモロウ)には、

「弁護士と一緒に、あなたの権利を守っていきましょう」

という思いを込めた。被害者本人の気持ちを大事に、一緒に考えていく弁護士事務所である。

貸したお金を、”返してもらいたい”のは皆同じだが、全額回収が難しい場合、少しでも回収したいのか、それとも相手に責任を感じて欲しいのかなど、クライアントの真意には各々違いがある。

クライアントに向き合い、しっかりヒアリングをして、

「何をしたいのか、確認する」

そして、納得のいく解決方法を、ちゃんと話して理解してもらうことを大切にしている。

数千万円を貸したが回収できなかったクライアントが、三分の一を回収できて、

「アドバイスしてもらって良かった」

と、喜ばれたこともある。

交通事故で大きなけがを負って入院し、コロナ禍で家族との面会も出来ず、本人も、家族も、ストレスが溜まって、保険会社の対応もしたくないという思いの中、提示された額が妥当なのか、また、どの治療が認められるのかなど、森さんのアドバイスでスッキリしたというケースもあったという。



謙虚な姿勢で、常に自分を振り返る。

始めて入った弁護士事務所で、所長に言われた

「謙虚であれ」

という言葉は、今も心に残っている。

自分が合っているのか、振り返り、考えることは大切だ。

事件処理をする中でも、

「相談者本人にすれば、一生に一度、あるかないかの事」

本当にこれが解決方法として正しいのか、常に自分を振り返る。

特に今は、一人なので、意見してくれる人も居ないからこそ、謙虚であるよう意識しているという。

SO@Rビジネスポートに入居したのは、一人でスタートした今、

完全個室でありながら、多様な入居メンバーとの繋がりもあるから。綺麗で便利なのも気に入った。

独立という新たな一歩を踏み出した、森さんの表情は晴れやかだ。



インタビュアー : (株)ソアラサービス 代表取締役社長 牛来 千鶴



~ 森さんへの取材後インタビュー ~




#Interview #News